IP Newsletter
  法律・法規等
  中央政府の動き
  地方政府の動き
  司法関連の動き
  ニセモノ、権利侵害問題
  多国籍企業R&D
  統計関連
  その他知財関連
  地方の動き(省区分別)
  バックナンバー

国家知識産権局と中国科学院、第2ラウンド協力議定書を締結


 3月12日、国家知識産権局と中国科学院は「第2ラウンド協力会商議定書」を北京で締結し、協力を強化してイノベーションによる発展駆動戦略を共に推進していくことで合意した。申長雨局長と白春礼院長が出席した。
 申長雨局長は、2008年に第1ラウンド協力議定書を締結して以来、知的財産権の創造·運用·保護·管理の各分野で双方が展開した協力事業で収めた成果を高く評価した上、新ラウンドの協力会商を通じてそれぞれの優位性を一層果たせて、知的財産権戦略に関する行動計画の徹底を共に進めていきたいと語った。
 白院長は演説の中で、イノベーションにとって知的財産権が重要な資源と中心的要素であり、知的財産権戦略に関する行動計画は国の重要施策であると指摘し、中国科学院としては知的財産権活動を高度重視し、国家知識産権局との協力を一段と密接にし、知的財産権の保護·運用の強化と体制·メカニズムの改革の深化、各協力事業の全面的な徹底に努めたいと表明した。
(出典:国家知識産権網 2015年3月13日)

Copyright ©2001-2015 JETRO Beijing. All rights reserved.
京ICP備05019210号