ジェトロ北京知財部の紹介
所員構成
知財部周辺地図
 JETRO北京知的財産権部では、中国の知的財産に関する各種研究、情報の収集・分析・提供、関係者に対する助言や相談、広報啓蒙活動、取締りの支援などを行っています。
 また、日本政府の窓口として、知的財産権に関する政府間交渉や日中会合等に際して、中国政府機関との調整を行っています。

    住 所: 北京市建国門外街甲26号長富宮弁公楼7003室  〒100022
    電 話: 86-10-6528-2781
    FAX:    86-10-6528-2782
    E-MAIL: pcb-ip@jetro.go.jp


 「知的財産権部」の業務内容
① セミナー 経験者や専門家を講師として招き、広く意見交換を行っています。
② 調査 中国における知的財産の状況を調査し、啓発の材料として活用しています。
③ 勉強会 企業の担当者と共に、知的財産に関する勉強会を定期的に行っています。
④ 個別案件相談 研究開発、契約、権利取得(出願、審査・審判)、権利行使(取締り、裁判)等に関する個別相談に応じています。状況により日本政府や中国政府機関との調整をさせていただきます。
⑤ IPG事務局 中国における知的財産権問題に対処するため、中国日本商会内に業種横断的組織として設立された「中国日本商会知識経済フォーラム知的財産問題グループ(IPG)」の事務局を務めています。
⑥ 中国政府機関との連携 日系企業の抱える問題点を中国政府機関に提出し、改善に取り組むよう訴え続けています。また、取締官に対する権利情報の提供や、中国の行政官向けの研修会を実施しています。
⑦ 欧米企業団体等との連携 各種欧米企業団体や各国大使館と連絡を取り、状況の把握と改善への取り組みを行っています。
⑧ 訪中団との意見交換 中国における現状と共に、実際に起こった問題などを報告しています。
⑨ 日本大使館との連携 日本大使館とも密に連絡を取り、知的財産権問題の解決に取り組んでいます。

 ニセモノ展示館  中国日本商会IPGの事務局としての活動

 JETRO北京事務所内に「ニセモノ博物館」を設置しています。約40㎡のスペースに、これまで多くの日系企業から提供頂いた押収品に加え、弊部にて発見 ・購入したものを併せて約150点のニセモノを陳列。中国における現状を一目で把握できる、効果的な施設です。

☆ お問合せは(86-10)6528-2781まで。見学自由です。


  IPGの多くの事業がJETRO模倣対策事業と連携しています。
  ● IPG定期会合(隔月開催)
  ● 模倣品対策セミナーの開催(隔月開催)
  ● 専門委員会(戦略委員会)による実践的かつ戦略的実例
       研究
  ● 国際知財保護フォーラム、日本知的財産協会等との連携
  ● 中国政府・司法機関との会合への参加及び意見交換の実施
  ● 地方政府取締担当官向けエンフォースセミナー開催
  ● 知財無料法律相談の実施(毎月第2・第4水曜日)
  ● IPG会員アンケート調査の実施
  ● 中国人スタッフ知財研修
  ● 地方での日系企業知財啓蒙セミナーの協力
  ● 諸外国団体との連携
  ● 知財啓蒙活動


Copyright ©2001-2015 JETRO Beijing. All rights reserved.
京ICP備05019210号